Jolly Roger

にかほ市象潟にあるpool bar&ライブスポット”Jolly Roger”象潟駅前徒歩2分

TEL:0184-43-5227

アーカイブ

勇気と 笑顔と 届かぬ声と

一体彼が殺される理由はどこにあるのだろうか。
グループのリーダーの命令に従わなかったから?
そして仲間達は 止める事もなく 残虐な犯行に加担した。

どんなグループにもリーダーは存在し 仲間をまとめ 方向性を示す。
納得できないことに異をとなえたメンバーがいたとしても 正直な気持ちを言える人間の方が信用できると考えるのが リーダーの懐だと僕は思うのだが 彼は無惨にもリンチにあい 殺されてしまいました。

13才という年齢がいつまでも心を締め付ける。
僕の息子と同い歳なんです。
きっと同じ中学なら一緒にバスケットボールや サッカーをしていたかもしれません。
喧嘩したって また肩を組んで一緒に笑っていたでしょう。

僕が中1のときも 部活の先輩から部室でヤキ入れられてました。
でも とても先輩に 反発することは出来ませんでした。
彼はきっと 僕よりもよっぽど勇気のある男です。
そのせいで殺されたのであれば ほんとうに納得できません。

1日でも早く この事件が解決することを願います。
彼はもう戻ってくることはありませんが この事件が少年法を含め 未成年者の行き過ぎた犯罪行為を防ぐ為 何かを変えてくれる事を願います。

報道で映された写真のような笑顔の少年が もう被害に会わぬように。勇気を持って生きれるように。


覚悟しな!

今日は 午後から西目町のボーリング場で 本荘市の友達がやってる〝居酒屋すずき〟が主催するボーリング大会に行ってきます。
〝すずき〟のマスターは僕が高校生の頃 入学式の体育館で見かけて 一目惚れした(笑)数少ない男。
痩せっぽちだけど 赤茶の髪の毛を逆立て 目つきがギラついてて 周りと全然違うオーラ出してた。
もちろん 速攻 バンドやろうぜって誘ったんだけど 家にまで押し掛けて止めた俺を振り切って すぐに学校辞めやがった。
程なく あまり連絡も取らなくなってしまったんだけど あいつの事はそれからもずっと消えてなかった。
あれから20年数年が経ち 突然嫁さんと2人でサプライズ的に店にやって来ての再会。
ホント久しぶりで超ビックリしたけど すぐにわかったよ。
それからはお互い飲食店やってるし 行き来しあったり 念願のバンドやったりと べったりじゃないけど 親友関係続けてる。
因みにバンドは 奴がドラムで僕がギター。
こいつ ドラムずっと続けてたんだ!
今は 僕が抜ける形でバンド辞めちゃったけど めちゃ楽しかったぜ!
嫁さんも大好きな人。間違いなく彼女あっての奴だね。

確か 前回のボーリングは俺が勝ったよな。
今日もおまえには負けないよ!
いっぱい負けてるとこあるけど 今日は覚悟しな!


命の先

人は産まれる親と死に方は選べない、と昔誰かから聞いた覚えがある。
育つ環境もあるとは思うが、ある程度の自分の責任で生き方は選べる。
そして日本の法律では、個人差関係なく未成年者は手厚く守られる。
なんていい国だろうか。
しかし、世界にはそうはいかない国もたくさんある。
産まれながらに危険に晒され、思想の自由さえも奪われている。
産まれたばかりの赤ん坊の顔は皆同じなのにどこが違うのだろうか。

日本人ジャーナリストはその現状を世界に伝えようと 危険を覚悟で内戦の地に向かい拘束された。
そして今 殺されているかもしれない。
もしも本当にそうであった場合、最期に彼が思った事は後悔だろうか?
それとも自分の命と引き換えに イラク、 シリアの現状を世界に伝える事ができた満足だろうか?
他人を救おうとして自分が殺される時の気持ちは想像を超える。
しかもその殺し方は命への尊厳のかけらもなく そして その姿を加害側からインターネットで世界中に晒された。
彼はそこまでの覚悟をも もっていたというのか。
僕らはテレビを観て現実を知る。
が何も行動は起こさないし 起こせない。
きっと自分の命の大切さが自分の思う正義よりも重いからだろう。
しかし、この先自分の命がどこでどう終わるかなんて誰もわからない。
せめて命が終わる時、大切な人に手を握ってもらえる位の願いは 誰しもが思っているはずなのだが。

彼の勇気と行動に賞賛を送りたい。