Jolly Roger

にかほ市象潟にあるpool bar&ライブスポット”Jolly Roger”象潟駅前徒歩2分

TEL:0184-43-5227

アーカイブ

行けなかった六魂祭

今日は東北六魂祭 最終日。
天気予報では雨でしたが 今のところにかほ市は曇り空です。
なんとかこのまま保ってくれれば。

昨日のお客さんの中にも 六魂祭の帰りに寄ってくれた人がいましたが やはりすごい盛り上がりだったらしいですよ。
僕は想いを馳せながら お仕事でした。

震災から4年が経ち こうしてお祭りでみんなと盛り上がれるまでに 東北に住む人達の気持ちも立ち直れたんですね。
中継を見て少し感動しました。

ただね たった2日じゃ短かすぎますよ。
僕のような自営業は やはり行きたいと思っても 状況的になかなか難しいのです。
毎日の営業が勝負ですから 腹くくってますから。
せめて もう一日…

東北を代表するお祭りが一同に揃って 地域を盛り上げるなんてカッコイイですよね。まさにROCK ON祭です。
いつか どこかの街で開催された時に必ず観たいと思います。
いつまでも続いて欲しいイベントですね。

僕も毎日 お店がイベントの〝ロック音祭〟ですがね。セイヤっ!!


ドンキと王様

今日は日曜日。
山形県の三川まで足を延ばし 最近できた 安さの殿堂 ドンキホーテまで。
すごい人でしたね。
洋服あり 雑貨あり 食品ありのドンキホーテですが これはどう見ても売れないでしょうってのもけっこうありました。
なんかモジャモジャの毛のカモフラージュスーツとかね。
まあ 見てて楽しいってのもありますが コンセプトがよくわからないから あるかな?ってのがなかったり 思いがけない物が売ってても気付かないなんて事もけっこうありそう。

そういや むかしよく行ってた◯ッレッジ◯ンガードなんかも 最近 商品が迷走してるような気がするんだよね。
あまりユーモアやコミックに走りすぎても ちょっと買うのをためらっちゃう。
前はもっとメリハリがあったよな。
秋田だけかな?
外に出るといろいろ勉強になります。

天気がいいからね。
みんな今日はお買い物して 家族サービスなのかな?
知ってる人にもいっぱい会いましたが ドンキホーテでひとりブラブラしてるのは僕ぐらいでしたね。
息子はあまり興味ないみたいで 最近買い物に付き合ってくれません。
僕は46歳になっても 雑貨が大好きで 衝動買いの王様ですよ。

image


間に合うぜ!

周到に罠を仕掛け 引っかける奴
どんな物語だって そいつらが主人公でハッピーエンドなんてあり得ないんだ。
強いのは
起死回生を狙い リベンジに立ち上がる者。

身近にいるぜ。
心を許しちゃいけない人間が。
奴ら 自分の手を汚しもしないで
いつでも涼しい顔してるから すぐにわかるよ。

だけど まだ首の皮だけ残ってりゃ 大丈夫。

人の迷いも 弱さも ズルさも 欲も
みんな見てきたぜ。
俺自身もそうなように 誰しもが同じなんだ。

いつか人の慈悲や優しさに出逢い 遅ればせながらでも目が覚める時がきたら

それが この物語の本当の意味であってほしいね。


本日は晴天なり

本日は晴天なり

オレンジ号 セル一発点火
暖機しながら トコトコと
海岸線を軽く流す

だいぶ クタびれてきたな
イイ感じにね
帰ったら錆落として
油ささなきゃ

気が向いたらね
ごめんな
相棒

image

image


天国の英雄に想いを馳せる

5月はいろいろと想いを馳せる季節です。

5月2日は 忌野清志郎さんが亡くなった日
その当日 夢の中で 白黒の清志郎さんの遺影のような写真を見て目が覚めたという不思議なエピソードがあります。
なにせ 僕の日本人でのロックのファーストインパクトがRC サクセションですから。すごく特別な人ですよ。
ジョリーで2日間の追悼イベントもやりました。
実は その時も不思議な現象が!?
僕は見ましたよ。

5月5日 清志郎さんの亡くなられた同じ年 川村カオリさんも乳癌から転移して38歳という若さで亡くなられました。
彼女が全身の耐えがたい痛みに耐えながら CCレモンホール(渋公)で最後のライブを行った日がこの日。
その映像をネットで見たときは マジ泣きましたよ。
彼女の母として 人間としての強さ ロッカーとしての生き様はまさしくあっぱれ。
僕も彼女に恥じない生き方をしたいと思いました。

5月10日 SEX PISTOLSのシド ヴィシャスの誕生日
あまり人の誕生日には興味のない僕ですが 今でも大好きな奴ですから記念日にしたいのです。
僕が高校時代 どれだけ憧れていたか。
僕の知る彼が たとえ造られた虚像だとしても 彼の存在は大きな意味があったのです。
who killed the banvi
シド ヴィシャスの人生こそがパンクのメッセージのような気がします。

5月11日 ボブ マーリーの命日
いやあ聴きましたね。あまりメジャーじゃない曲が特にカッコよかった。
故ジョーストラマーも自らの音楽にレゲエを取り込んだのがわかります。
流行りやムーブメントではない 目の前の怒りやメッセージ そして共感する心。
すべてが ロックに不可欠なものです。
もし 彼がまだ生きていたなら これらのメッセージはもっと世界に広まっていただろうな。

みんな 今はもう亡くなってしまったロックの英雄たちです。
少しでも 同じ時代を生きれてうれしく思いますね。

image