Jolly Roger

にかほ市象潟にあるpool bar&ライブスポット”Jolly Roger”象潟駅前徒歩2分

TEL:0184-43-5227

アーカイブ

この国に生まれ

日本は素晴らしい国。

平和。 自由。 権利。

これ以上尊いものがあるのか?

人類がやっと辿り着けたユートピア?日本。

だけどね 眩しい光があれば必ず影ができる。

この先に 僕らが進む未来は もう光だけじゃないかもしれないよ。

僕らは生まれながらに何の不自由もなく生きて 造って 消費してきた。

その影で 悲しい戦争や貧しく苦しい歴史があり

今現在 同じく苦しんでる国や人々が世界に10億人いる。

僕らの快適な生活のために 我が子の笑顔を守るために

今のままで大丈夫なのでしょうか?

今日はお店で お客さんの子供が産まれたお祝いをみんなでやります!

ご夫婦のお二人も 僕達も心から喜んでいます。

平和な日本に感謝して 子供達の明るい未来を祈ります!

他人(他国)を愛し 愛されてこそ 本当の幸せな国家なのだと思うのですが

今の政治家に任せておけません。

微力でも 僕らの力で 創り上げていきましょう。

今の平和が少しでも永く保たれるように

子供達にこの国に生まれてよかったって思ってもらえるように

そして 日本に戦争に繋がる法案は絶対いりません。

 

 

 

 

 

 

 

 


日本の岐路にあり 2

お店やってると ちょくちょく外国人もきます。

アメリカ オーストラリア アイルランドのA.L.T。(小中学校に英語を教える先生)

旅の人。(BEER以外 英語も通じず大変だった〜)

毎年行われるトライアスロンの招待選手。(メチャ ナイスガイ!)

地元に住む韓国人。(あっかるいんだな〜)

殆どの外国人は日本が大好きで 文化や日本人の伝統をリスペクトしていると言っていた。

そして 戦争を放棄し 他国の有事には惜しみない援助 自己防衛の為などと言って 家庭に拳銃があることは無い日本は 世界が認める国なのだ。

力は時として 犯罪や憎しみの連鎖を生む。

大義のある暴力はこれからも無くなることがないだろうし ある意味支持出来るものもある。

しかし 戦争は別だよ。

一般市民が犠牲にならなければ終わらないじゃないか。

たとえ敵国の兵士だとしても 直接恨みも憎しみもない家族ある人間を殺すんだぜ。

誰かの仕掛けた戦争。

乗っかっちゃあかんよ。

自称 憂国パンクロッカーさんよ。

お前の熱い大和魂はわかる。

しかし 目を覚ましな。

怒りの矛先はもっと別にあるんじゃないかい?

〝武力を背景に外交〟なんてカッコ悪すぎだよ。

日本はもっと粋でクールな国なんだよ。

 

※ブログ読者の皆さん 持論でごめんなさい…

 


日本の岐路にあり

安全保障関連法について 国会では大騒ぎしておりますが

一度刀を捨て 百姓や商人になった武士に またいつ使うかわからぬ刀を持てと言っているようなもので

その刀は俺らの税金じゃないかい?

自衛ならカマやクワもって 敵に立ち向かったるわい!

それでダメならビリヤードで勝負だっ!

日本は 武力を持たず それでいて諸国に恥じない生き方ができる。

秩序や融和を重んじる民族と信じている。

日本には立派な自衛隊があるじゃないか。

一部 此処ぞとばかりの自称憂国パンクロッカーには失望したよ。

戦争で死ぬのは 政治家や官僚じゃないぜ。

広島 長崎 沖縄から何を学んだ?

 

 

 

 

 


37・5c

いつだって僕は37.5c

何かに少しだけ夢中でいたいんだ。

急に熱くなったり 冷めたりする人達とは

ちょっと合わないんだよなあ。

インフルエンザなら 治っちゃったらただの笑い話。

僕の場合は 死ぬまで治らぬ不治の病。

でもこの微熱加減が気持ちいいんだよ。

ぼんやりとマリア様が見えてんだ。

僕に微笑みかけてる?

明日もあさっても 約束できるぜ!

いつだって僕は…

 

 

 

 

 

 


LAST PARADE

〝LAST  PARADE〟

お前の大切な未来は 他人ごとじゃないだろ?

与えられるものに 疑問を感じないのか?

世界のどこかで届かない 瓦礫の下のSOS!

矛盾の中で生きている 羊たちのLAST PARADE

 

人類の歩んだ歴史は 今はもう何も語らねえ

原子力に生かされて いつか殺されるさだめ

いつか世界が終わるなら おまえを拐って

強く抱きしめ消えてゆく 未来へのLAST PARADE

 

震災の1年後ぐらいに作った曲

稚拙な歌詞で笑っちゃうけど

想いを込めて作った曲

前にやってたバンド〝DEVIL GUITAR〟で2回ライブで演奏したけど

今度は誰かのために歌おうかな?

これは稚拙なLOVE SONGだから。