Jolly Roger

にかほ市象潟にあるpool bar&ライブスポット”Jolly Roger”象潟駅前徒歩2分

TEL:0184-43-5227

アーカイブ

SIN CITYに吹く風の中に

灰色のSIN CITY

金色の髪を靡かせ 黒いIRON HORSEで走り去る

行き着く先は ネオンの街か 爆音の轟く場所。

 

〝罪〟と言う名のインディアンパンクロッカー。

「鴉の集うところ。危険な香りあり。」

しかし

誰にでも分け隔てのないその男ほど

俺が出会った中で

ロックンロールを感じた奴はいない。

強さも そして弱さも

俺には見せてくれたからわかるんだ。

語り継ぐ事はしない。

伝説にする事も。

ただ

俺の中に…

青春の思い出の中に

街に吹き荒ぶ風の中に。

 

灰色のSIN CITY

金色の髪を靡かせ 黒いIRON HORSEで走り去る

行き着く先はネオンの街か 爆音の轟く場所・・・

 

桜の散った公園に彼の面影を想い出す。

SIN CITYに吹く風の中の記憶。

 


出来る事

5月7日 地元カラオケボックスで 地元の若者のヒップホップイベントがあります。

image

皆 知り合いの若者達で 以前から地元でのイベントやんない?

と打診していたんですが いよいよ決まったらしいです!

僕のお店の音響機材 今回無償で貸し出すことにしたのですが

(通常 8時間15000円なのですが)

image

image

image

ひとつだけ条件を出させてもらいました。

それは 九州地方の被災地に義援金として募金箱を置くこと。

もちろん募金なので 気持ちがあれば1円でもありがたいのですが

主催者側は1人500円ね〜って言いました。

快く快諾してくれました!ありがとう!

僕のお店にあるものが 被災地の苦しんでる人達の役にたつなんて

ホントに嬉しい!

イベントに行けない方 当店でも受け付けますよ!

関係機関を通じてイベント名 ジョリーロジャー名で寄付しようと思います。

これが偽善と言われようが 売名(笑)と言われようが関係ありません。

全く気にしません。(^^)

お金が被災地に届けば。

東北の若者から九州へ。

それが大事なんです!

 

 


恩返し

5年前の岩手 宮城 福島にも大きな被害をもたらした大地震。

東北に住む人間として

今 地震の被害に喘ぐ熊本の人達を無視する事はできないよな。

きっと九州地方の人達にもいっぱい助けられたはずだよ。

あの時は〝絆〟〝団結〟って文字をあちこちで見かけたけど

忘れちゃいけない気持ちだと思うんだ。

1人の力は小さいけれど…ホントに小さいけれど…

そう感じてくれた人だけでも何かやれないかな?

今日もまだ余震が続く中

被災地では夜の雨が追い討ちをかけたという。

崩れる我が家を見て 泣いている女性の映像を見た。

東北の時も心に大きな傷をおって その障害に苦しんだ人がいると聞いた。

僕らバンドマン(今もハートは^ ^)なら

イベントの時に募金箱置くとか

ほんの少しのできる事でもしようじゃないか!

九州の人にいま恩返ししないと

東北人魂が廃るってモンだぜ!

 


責務

大地震の余波は止まらず

更に拡がりを見せている。

今後の津波の心配もまだ払拭できない状況のようです。

大分県には友達がいるし これ以上被害が拡がらなければいいんだけど。

テレビでは 昨日もお笑いやバラエティーが放送されていましたね。

それ自体は別にいいんだけど

番組の冒頭で「お見舞いのコメント」とかあれば…

なんて考えてしまいます。

少なくとも

まだまだ避難者の生活は続くんですよ。

瓦礫の下に埋まってるかもしれない人達がいるんです。

せめて 無関係な感じでの放送は改めてほしい気がします。

その番組をとても楽しみにしていた被災者のために。

音楽であれ お笑いであれ

〝大衆芸〟の根本は〝愛〟じゃないのですか?

 


震度1

またも…

自然災害の脅威

震度7が熊本を襲った。

再び 復旧 復興までの長いジレンマが始まった。

快適を追求する我々の生活を

一瞬にして瓦礫の町に変えてしまった大地震。

いつも思うのだが

被災者の中にも僕らと同じ

幼い子供を持つ親や

ロックンロールやバイクが好きな奴とかいるんだろうな?

そう考えると 世界中 どこの出来事であろうと

他人事とは思えないんだ。

せめて 彼らが受けたうちの震度1だけでも

代わりに貰ってあげたいよ。

僕の持ってるギターや革靴が 彼らを少しでも助けてあげれるのなら

喜んで差しだそうと思っているのだが

きっと安物ばかりで役にはたたないと思うし

只々 1日も早い復興を願う事しかできない。

同じ日の丸の国に住みながら 人に明暗を分ける神様は

僕らの何を試そうとしているのだろうか。