Jolly Roger

にかほ市象潟にあるpool bar&ライブスポット”Jolly Roger”象潟駅前徒歩2分

TEL:0184-43-5227

アーカイブ

思想を産むもの

酷いニュースだよ。

相模原市の障害者施設で 19人を殺害26人に重軽傷を負わせた事件。

「ヒトラーの思想が降りてきた」って?

障害を持つ人間は 生きる価値がないなんて

子供を持つ親や これから出産を控えてるお母さんは

怒りでいっぱいだろうけど

そんな風に考えてる人間が 身近にどれだけいるんだろうか。

僕の従兄弟にも 先天性の障害者いますよ。

財政難の日本で

「施設等に多額の税金が使われてる」のが問題というのなら

それでもやってる日本に誇りを持つべきですね。

そのための納税なら 惜しいとは思わないね。

むしろ 容疑者を捜査 逮捕する警察や検察

裁判所 刑務所に使われる費用の方が ずっともったいないよなあ。

競争社会において 他人に勝つことが正義と教えられ

努力して成功を収める人間を責めはしないが

弱者は敗者的なものが 世の中多過ぎるような気がする。

テレビでも

ゲームでも。

そんな〝優生思想〟が創り出したのが〝ナチス〟じゃなかったのか?

まだ20代の若者が

とんでも無いことをしてしまったその責任は

1人だけのものじゃないとも思ってしまう。

思想を産むのは 環境や社会であるのも間違いないと思うんだ。

 

 

 


友達のお店

宮城 松島行くなら

国道8号線沿い 利府町にある僕の友達の店へ(^o^)

ラーメン 山勝角ふじ  利府店。

image

「ジョリーのマスターから聞きました。」

って言ってくれたら

もやし大盛りサービス(^o^)してくれるかもよ。

そして

スープの底まで飲み干してくるんだぜ!

スポーツバイクで行くなら

満腹注意〜!(^o^)

 

 

 

 


パワーアップ家族

今日はちょっと特別な日。

茨城と宮城から 友達が遊びに来た。

約20年の付き合いになるか。

原宿時代

そりゃ毎日が 僕にとって刺激的だった〝原宿 ムービーレストラン OH! GOD〟

週末には お忍び芸能人やモデル 不良外国人の溜まり場になる。

ドラマのロケにも使われる 原宿の老舗レストラン。

その歴史は古く1977年の開店から 夜の原宿の象徴のような店だった。

僕が社員として働いていた頃 あるお客さんの紹介で新人スタッフが入って来た。

彼は 地元茨城の元ヤンキーで KAWSAKI のバイクやYAZAWAの話ですぐに意気投合した。

彼と働いた期間は約2年ほどだが

店のスタッフともちょくちょくとやらかしてたな…(^o^)

ダラけたバイトをシメる。

店長に噛み付く。

だけど筋が通っていたから 後輩や客からは人気があったね。

僕がお店を辞めてからも いろいろとあったみたいだけど

現在は 宮城県で奥さんとラーメン店を営んでいる。

最高の伴侶と出会い 2人の子供の父親になった彼が

今年もまた忙しい合間を縫って象潟に遊びに来てくれた。

image

しかも 毎回家族がパワーアップしてるではないか!(^o^)

そして なんと今日は彼の◯◯才の誕生日前日だっていうじゃないか!

お寿司とケーキと スパークリングワインで乾杯しようぜ!

 

地元 茨城から彼の幼馴染みの親友が一足先にバイクで到着。

最新のBMWじゃないか〜!

前回はSUZUKIの年代モノだったよね。

モヒカン刈りになってるしこっちもパワーアップかあ!

image

彼は車の修理屋さんで映画「MAD MAX」の大ファン。

うんっ!信頼できる!(^o^)

短い時間だけど 秋田を楽しんで行ってな!

 


元気が出るイベント(^o^)

昨日の事ですが

にかほ市 道の駅内の

観光拠点センター〝にかほっと〟前で

地元漁師さんのイベント〝海の幸祭り〟がありました。

灼けるような炎天下の中

採れたての岩牡蠣やホタテを炭焼きで販売していたり

様々なイベントが催されていました。

とても丸1日この場にいるのは無理なので

僕は午後の〝漁師さんのトークショー〟から。

仲良くさせてもらっている僕の先輩の漁師さん。

普段通りのイカつい格好で 舞台の上でトークしていました。

そして 秋田のアイドルグループ「PRAMO」のライブショー。

初めて見たけど 全員かわいい!

そして

いました!

名物の追っかけファン。(^o^)

おのおのが 自由に掛け声を掛けたり

みんなと合わせたような振り付けで(女性もいたな)

本当に元気いっぱいでしたね!

中には 横目でニヤニヤ遠巻きに見ているお客さんもいましたが

そんなのモノともせず

オリジナル感いっぱいの踊りでPRAMOを応援していました。

僕は そんな彼らを ガンバレー♫って心で思って見ていました。

彼らなりの青春。

夏の暑さなんて全く関係ないのです!

今年 アイドルのファンによる凄惨な事件なんかもあり

彼らへ向けられた世間の目は 厳しいものもあるとは思いますが

僕は気持ちがわかるよ。

自分の好きなことは 何があったって止められないんだよな。

逆に勇気をもらった僕でした。(^o^)

その後 ご存知超神ネイガーとPRAMOとのコラボショーと握手会で

イベントは終了しました。

来てくれたお客さんや子供達に笑顔になってもらうため

後でうまいビールを飲むために(^o^)

真っ黒になりながら 仲間と協力して

汗ダクになって頑張っていた

出演者 スタッフの皆さん。ご苦労さまでした。

僕はつい 主催側の目線からイベントを見てしまうのですが

とっても活気があっていいイベントでしたよ。

僕の友達のバンドマンらしきヤツらは

1人もいなかったけど

直射日光に弱いから仕方ないか。(^o^)

 

 


ブームに夢中?

スマホのアプリゲーム ポケモンGO

社会現象になりつつあります。

今 〝携帯〟と言えば 電話じゃなくてインターネット機器になりつつありますね。

今や コレ(携帯)なくして毎日の生活は難しいみたい。

なんか囚われてるみたいで

自由なようで自由じゃないよ。

僕は いつしかYOU-TUBEでライブ映像も見なくなりました。(^o^)

なんでかな?

なんかお手軽すぎて 刺激や感動が無くなってしまったみたいです。

僕の大事な 10代の時の初期衝動

あの頃の気持ちは 今になってもドキドキできる宝物の思い出だけど

インターネットにそれは期待できるかな?

今年48才になる ただのオッサンの僕ですが

昔はこれでも 異端児と呼ばれ親や先生には理解されなかった。

そんな僕が 今ついていけないモノは

とても コンパクトで 安全で 便利な 魔法の機器。

当時 僕が狂っていたのは

デカくて 危険で リスキーなモノ。(^o^)

きっと僕は今も

人を傷つけない〝革命〟を待ち侘びてる。

それが時代と逆行と言われようと 性分なのか?(^o^)

明治維新前

坂本龍馬が武士道よりも頭に描いた近代日本の姿は

ポケモンGOに夢中になって 事故に会う人たちではないだろうし

大衆の前で 他人を揶揄してまでお江戸の大将になりたい人たちの戦さでもないだろう。

バブル期の狂った日本もそうだけど

ブームに夢中になった人たちが 後々熱が冷めた時

せめて いい思い出として 残ってくれるならいいんだけどね。