Jolly Roger

にかほ市象潟にあるpool bar&ライブスポット”Jolly Roger”象潟駅前徒歩2分

TEL:0184-43-5227

店長BLOG詳細


オー!ゴット!原宿ストーリー 1

東京原宿と青山を結ぶ表参道、ちょうど表参道ヒルズ(当時はまだなかったが。)から道路を渡って少し狭い通りを入ったどんつきに、赤茶色の煉瓦造りのビル。その地下1階にあるレストランは、まるで東京のパワースポットのような空間だった。

原宿ムービーレストラン OH! GOD。店内に入るとアメリカンな雰囲気にビリヤード台が2台。その奥は薄暗いホールに鏡張りのカウンターだけが眩しいくらい輝いていた。そのアンバランスにも見える店内は、よく見ると壁にマンハッタンの夕暮れの街と、やたらと高い天井には星屑の見事なグラフィック。スタッフもどこか不思議な雰囲気を漂わせている。

この店を紹介してくれたのは、大阪の兄貴分、ブルさん。彼も不思議な縁でこの店の社長と知り合い、1年前から系列のクロコダイルというライブハウスで働いていた。

ブル兄、「親父に話しといたから。きっとお前、親父を気にいるで。」上京初日に面接をセッティングしてくれた。俺はカウンターに座り、少し緊張しながらオーナーを待った。

ほどなく、レストランの店内に犬の吠える声?

そして薄茶色の雑種と思われる犬と現れたのは、小柄ながら、ムキムキの身体。薄い髪の後ろ毛を束ねた60代位の男で、店内に入るなりカウンターにどかっと座ると、女性スタッフに冷たい水を注文した。

薄暗い中にサングラスをかけていて表情は良く見えないが、なんとなく微笑んでいるようにも見え、それでいてすごい威圧感だ。

俺はすぐにこの人が社長だと思い、立ち上がってあいさつをした。

しかし、少し耳が遠いらしく俺の言葉を隣にいるブルさんが耳元で通訳のように伝えていた。

あいさつが終わると、社長のはからいで、カウンターから次々と食事やつまみが運ばれてきた。

社長の最初の強烈な一言。

「いい飯食わないと、いいクソがでないんだよ!」

「.  .  .  .  .  .  .  。」

突然店内の照明が落ち、店内の1番奥の巨大スクリーンの幕がゆっくりと開くと、なんと爆音で映画が上映され始めた。

その一見レトロにも思える暗い店内で、映画館なみの本格的な映画を鑑賞しながら食事を楽しめるレストラン。OH!GOD。創業は、1977年だ。

俺は、今まで見た事もない画期的過ぎる店と社長の強烈すぎるキャラクターに、今後の俺の人生の新たな展開を感じ、東京に来たことに満悦した。

そして、社長、原宿のガンさんと呼ばれる男の壮絶な武勇伝と、ウソでしょ。ってくらいの伝説を、イヤと言うほど思い知る事になる。

もちろん、俺にとっても刺激的で2度と味わう事はできないであろう、3年間が始まった。

image

大阪、東京とお世話になった鈴木さん。(ブル)